• Hidemi

"孤独"は1日に15本タバコを吸うぐらい危険


「人前で話すと緊張する」こんな経験ないですか?


私にはあるし、たくさんの人の前で話すのはあんまり得意じゃありません。


「人前で話すと緊張する」


ストレス脳の本によると、これには理由があるらしい。


理由は、昔は人前で話すというのはグループから追い出される危険性があったから。大昔はグループから追い出されると命への危機を意味したのだとか。だから人前で話すことは今でも人間の脳に強い恐怖心を起こさせるのだそうです。


人間の歴史のほとんどの間、孤独は死を意味してきた。(本:ストレス脳より)

昔は人間は、一人では生きていけなかったのです。生き延びるためには、人々と一緒でなくてはならなかった。


だから人間には常に「孤独」という不安がつきまとう。私たちはなんとしても孤独を避けたい生き物なのだそうです。





それを考えると、自分やパートナー、子どもとの関係を見つめ直す重要性がいかに重要かが分かる。


トラストコーチング、マザーズコーチングのビジョンでもある、


”孤独をなくす”


私はこのビジョンをとても大切にしています。


私が孤独だったのは、長男が赤ちゃんだった時。家族がいるのに、カナダですごい疎外感を感じていました。


”ひとりじゃないのにひとりぼっち”


突然涙が出たり、悲しくなったり、イライラしたり。


あの時私は”孤独”をとても恐れていたんだと思います。


だから、英語コーチングを始めたのも、そんな疎外感や孤独感を感じている人のサポートをしたかったから。


マザーズコーチングスクールやトラストコーチングスクールの「孤独をなくす」というビジョン。私は自分が提供するどのサービスにもこのビジョンを大切にしています。


コーチング(コミュニケーション)で本当に孤独は少なくなると思う。孤独を感じると、人間のパフォーマンスは下がる。だからこそ、トラストコーチングやマザーズコーチングでは人間関係をとても大切にしています。


私の中には、


私が死んだ後も、子どもたちには私がいつまでそばにもいるようなコミュニケーションがとりたい。


という思いがある。


だからこそ、喧嘩するときもイライラする時もあるけれど、


「お母さんは何があってもあなたの味方だよ」


こう伝わる子育てをすることが私の子育ての軸。



"孤独をなくしていきたい"



まずは目の前の我が子から。


まずは目の前にいるパートナーから。


そして、今ここにいる自分から。



 


♢英語コーチングプログラム

https://www.simplyrealenglish.com/englishcoaching


♢トラストコーチング

https://www.simplyrealenglish.com/trustcoachingschool ♢パートナーシップコーチング

https://www.simplyrealenglish.com/partnershipcoaching ♢マザーズコーチングスクール

https://www.simplyrealenglish.com/motherscoachingschool


♢カナダからの育児日記〜自己肯定感を育てたい〜

https://ameblo.jp/kidselfesteem

閲覧数:32回0件のコメント

最新記事

すべて表示