• Hidemi

子供が使ってOKな3つの英語スラング



こんにちは。


英語コーチ、TCS認定コーチのヒデミです。


さて、今日は英語のスラングについて書いて見ようと思います。



全てのスラングが良くないわけではなく、

スラングって時として友達同士の会話では

より深いコミュニケーションだったりもします。


英語にはいろんなスラングがあって

日常的に使われているスラング、

大人の間ではOKだけど、

子供が使うにはちょっと

NGなスラング、

子供が使っても割とOKなスラングなどがあり


場所、状況、話している相手によって

スラングがOKだったり、

NGになったりする。


特に職場などではスラングはあまり

使わないようが良い場合がほとんだけ

ど、職種によっても違ったりする。


来月8歳になる息子(Grade3)が、


学校でクラスメートが「悪い言葉」

を使っているけど分からないんだよ。


と言い出しました。





家ではなるべくスラングを使わない

ようにしているので、息子には

「悪い」ということは状況で察知

しても、それがどんな意味で、どんな

意図を持っているのか明確ではなく

「知りたい」と思ったのだと思います。


過激なスラングも教えたので

ちょっとこのブログでは書けないの

ですが、とりあえず "F-word"

で作られたスラングを教えたり

しました。


内容を理解するために教えたので


「今は家や会話の中ではなるべく

使わないようにすること」


と息子には話したけれど、

成長するに従って必ず

使うようになるとは思います。


ちなみに、カナダでは

F-wordはテレビなどでは

使えない言葉となっています。

もしある場合は必ず”ピー"という音声

が入り、削除されています。


我が家では息子には、


大切なのはスラングを、

適切な場所、状況、人の間で使うこと。


だと教えています。



さて、過激なスラングはここでは

書きませんが、今日は子供が使って

も割とOKなスラングを紹介します。


過激なスラングを知りたい方は

ぜひ無料のお話し会を毎月開催

していますのでぜひその時に

聞いてくださいね笑!


今日は子供にはOKと書きましたが

あまりにも小さい子(幼稚園児など)

ぐらいまではあまりはおすすめしません。


Grade2やGrade3ぐらいから

少しずつ子供達もスラングを

聞いたり、意識したりするように

なると思います。


ーーー


1番初めのスラングは、


◯What the heck!


これはちょっと驚いた時や物事を

強調したい時に使います。


これは大人のスラングでは、


△What the hell.


と言われますが、hellだとちょっと

強いので、heckにすることで、

子供の間でも割とOK

なスラングになります。


ーーー


2番目のスラングは、


◯Shoot!


これは大人のスラングでは


△Shit!(クソっ!)


となります。


このスラング"shit"は日常の中で

本当によく使われますが、

やっぱり子供の前では使わない方が無難かな。


ーーー


3番目のスラングは、


◯Darn


このスラングは大人が使う

Damn (クソ!ちくしょう!)や

Shit(クソ!)の代わりとして

子供が使ったり、

子供の前でもよりOKなスラングとなります。


スラングはあまりにもありすぎて

書ききれませんが、

海外で生活していると耳にすること

が必ずあると思います。


「使う、使わない」の判断は

人やその時の状況によるので

なんとも言えないのですが、

海外、特に英語圏で生活している方は

そのスラングがどのような意味や意図

を持っているのか知っておくと

いいかなと思います。


学校や教科書では教えてくれないのかスラング。


今日「子供にOK」と書いたスラング

も、やはりまだ小さい子や、

その家庭によってNGになる場合も

あるだろうし、逆に過激なスラングも

親が子供の前で多用していると、

小さい子でも使うようになります。


良し悪しの判断は私にはできませんが

スラングを「知っておく」というのも

海外、英語で生きていく上で大切かなと思います。


===

海外で生きるあなたを応援する

"英語コーチングプログラム"

\年内キャンペーン中です/

https://www.simplyrealenglish.com/englishcoaching


 

〈ホームページは画像をクリック〉 


閲覧数:97回0件のコメント

最新記事

すべて表示