• Hidemi

学校の先生、ご近所さんへのサスティナブルなクリスマスギフト!

カナダの学校では、学校の先生へのギフトを送り機会が2回あります。


それはクリスマスと学年が終わるとき。


我が家ではクリスマスは感謝の気持ちを込めて、親しいご近所さんにもギフトを送るのですが、先生やご近所さんへの贈り物は、なくてももちろん大丈夫。


私のご近所さんでもクリスマスギフトがない人もいるし、プレゼントではなくカードをくれる人もいたりで、本当にそれぞれ。


日本のように「お歳暮感覚」で「文化的にあげないといけない」と思う必要はないと思います。同じ北アメリカに住んでいても、住んでいる地域や状況によっては違うのかもしれませんが。


そして毎年チョコレートや去年はホットチョコレート(ココア)を選んでプレゼントしていたのですが、今年は少しでもゴミになるものを減らしたいと思い、サスティナブルなものを選んでみました。


それは、ローカル(地元)で変えるハチミツ。


梱包につかったの紙袋やクリスマスカード



ギフトの準備や梱包で出たゴミ(リサイクルできないもの)はこれ。

なかなかゴミをゼロにはできないけど、最小限に抑えました。




クリスマスカードの中身には既にメッセージが書かれているので、自分での書き込みは本当にシンプルで大丈夫です。


我が家は近所の人へのカードには


Mary, Ken and family,


Merry Christmast!


Mark, Hidemi, Allen and Ian


だけの書き込みです。



学校の先生たちには、


Mrs. Smith,


Merry Christmas!


from Allen and family


と最後に”子供の名前+family”

と書きました。



全部で7人分。


我が家のサスティナブルなクリスマスギフトでした♪


===

英語コーチングプログラム

https://www.simplyrealenglish.com/englishcoaching


 

英語コーチング / ライフコーチング 

ウェブサイトは画像をクリック









閲覧数:40回0件のコメント

最新記事

すべて表示