• Hidemi

アジア人の名前は難しい

カナダで生活していると、初対面の人に私の名前がどう呼ばれやすいかというと、


「ハイデーミ」とか「ハイディーミ」


なぜかというとHidemiの名前の"Hi-"の部分は「ハーイ」と発音し、"-demi"の部分はネイティブスピーカーは"イー"と発音するように学んでいるから。名前のスペルだけを見るとどうしても文字に惑わされこうなってしまいやすい。





私は相手が私の名前を間違ってももちろん嫌な気持ちはしないのだけど、相手はきちんとコミュニケーションをとる人の名前を発音したいと思うものなのです。特に西洋の文化、英語の文化ではファーストネームを呼び合いながらコミュニケーションを取ることが大切とされている。


だから私は「自分の名前を間違われて呼ばれたくない」というよりも「相手が私とコミュニケーションをとりやすいように」あえて自分の名前の呼び方を教える時があります。ちなみに一度会ってもう会わないような人にはしません。めんどくさいから笑。


どうやって説明するかというと、


My name is Hidemi.

"Hi-" as in "He is a boy."

"-demi" like "Demi Moore."


そうするとネイティブスピーカーやカナダにいる英語を話す人たちは、"He-Demi"(ヒーデミ)と音がバッチリと一致して発音しやすくなるのです。


だからもしあなたが海外にいるとして、難しい名前だったらこんな風に英語で説明する方法を一つ考えておくとgoodです!


ちなみに「めぐみ」という人とかだと"Meg"と言って省略して自分の名前を紹介してる人もいたりします。


例えば、"My name is Megumi. Please call me Meg." (メグと呼んでください)

こんな感じでもいいよね!


名前は英語でコミュニケーションを取る上でとっても大切です♪



閲覧数:38回0件のコメント

最新記事

すべて表示